FX自動売買におすすめ!VPS「ABLENET」の契約から利用開始までのやり方をまとめてみた

どうも、Kotaです。

以前、EAを稼働させるなら契約必須と言っても良いほど重要な「VPS」というサービスについて記事を書きました。

【VPS】FX自動売買ソフト(EA)を安定的に稼働させるために使うべきサービス

2019年3月4日

これを利用することで、EA稼働に必須な

  • MT4常時起動
  • 安定したインターネット回線
  • パソコンをスリープにしない

などの大きなハードルを楽々クリアできるため、EAをご利用の方なら是非とも使っていただきたいサービスなのですが
今回はその中でもおすすめできる「ABLENET」というVPSサービスについて、契約するところから実際に使える状態にするまでのやり方を画像つきで解説します。

まだVPSを利用されていない方は、この記事を見ながら順に契約→セットアップを完了させましょう!

§1:ABLENETのVPSを契約する

まずは、VPSを契約するところからスタートしましょう。

ステップ1:ABLENETのサイトへアクセス

おすすめレンタルサーバー ABLENET

まずはこちらのバナーからワンクリックでABLENETのサイトに遷移してください。

ステップ2:Windowsプランを契約する

そして大きく表示される「VPS」をクリックします。

ABLENETのサイトで「VPS」という方を選択します

少し下にスクロールすると、いくつかプランが表示されていますね。
ここでは「Win1」というプランを選択します。

※「V0」「V1」「V2」などのプランは価格がかなり安いですが、WindowsのOSが入っていないサーバーになりますので、必ず「Win1」を選択してください

お好みで「Win2」「Win3」など上位プランを選んでいただいても構いませんが、MT4を稼働させる分には一番安い「Win1」プランで十分です。

続いて表示される「ストレージ」は、どちらを選んでいただいても構いません。
ディスクの容量を優先するなら「HDD 100GB」ディスクへの書き込み速度を優先するなら「SSD 60GB」です。どちらでも料金は変わりません。

さらに下にスクロールすると、決済方法を選択するボタンが出てきましたね。
是非とも「クレジットカード試用期間あり」を選んでほしいところです。

ABLENETの決済方法は「クレジットカード 試用期間あり」がおすすめ

カードをお持ちでない方はコンビニ払いでも構いませんが、手数料がかかることや、支払いを忘れるとVPSがストップしてしまうことなど、デメリットがありますので、カードを持っているならば出来るだけカード払いにしましょう。

決済方法を選んだら、下にスクロールして「利用規約」やその他の規約に同意して「規約に同意し、進む」と書かれたボタンを押します。

サーバーの契約期間を選んだら(長期契約するとお得です!)画面右下の「見積もり画面へ進む」ボタンを押します。

契約内容に問題がなければ「同意する」にチェックを入れ、WindowsのOSを選んで「申込者情報の入力へ進む」ボタンを押します。

申込者情報が入力できれば「注文内容の確認へ進む」ボタンを押しましょう。

ABLENETの決済情報入力画面でクレジットカード番号を入力します

決済情報の入力に進みます。ここでカード情報の入力を行い「注文を確定する」ボタンを押すと契約完了です。

§2:VPSを使える状態に初期設定する

さて、VPSの契約が完了し、あなた名義で仮想空間にWindowsパソコンをレンタルしたことになりますが、そのパソコンをどうやって操るのでしょうか?

ここでは、あなたがレンタルしたVPSのWindowsパソコンを、あなたのパソコン(スマホ、タブレットも可)から遠隔操作できる状態にするための準備を進めていきます。

ステップ1:リモートデスクトップアプリをインストールする

「リモートデスクトップ」という、他のパソコンを自分のパソコンで遠隔操作するためのアプリが存在します。

remotedesktopアプリをインストールしましょう

まずはそれをあなたの端末にインストールしましょう。ご利用の端末によって、ダウンロード先が変わりますので、以下から該当するものをクリックしてください。

Windowsパソコンをお使いの方

Windowsパソコンをお使いの方はこちらからインストールしてください

Mac OSパソコンをお使いの方

Macをお使いの方はこちらからインストールしてください

Android端末をお使いの方

Androidのスマホやタブレットをお使いの方はこちらからインストールしてください

iOS端末をお使いの方

iPhoneやiPadをお使いの方はこちらからインストールしてください

ステップ2:ABLENETからのメールを確認する

ABLENETでVPSの契約が完了すると以下のようなメールが届きます

件名:
[ABLE:VPS] VPS(Winプラン)設定完了通知/試用について

※このメールの中に、VPSに接続するときに必要な情報が全て記されています。絶対に第三者に見せないようにご注意ください

ステップ3:VPSの電源をオンにする

契約が完了するとABLENETからメールが届きます

メール本文を開いて少し下に進むと「ABLEパネル」という項目がありますね。

ABLEパネルとは、ABLENETの契約者の会員ページのようなもので、ログインして契約情報の変更やVPSの状態の確認、領収証の発行などができるページです。アクセスしたら、ぜひブックマークしておきましょう。
※ちなみに領収証をダウンロードしておけば、確定申告の際にFXで得た利益からVPSの利用料金を経費として落とすことができます

ABLEパネルのログイン画面

さて、メールに記載されている「ABLEパネルのURL」をクリックし「ABLEパネルID」「初期パスワード」の2点を入力すると、ABLEパネルにアクセスできます。

ABLEパネルのホーム画面です

すると「VPS一覧」に先ほど契約したVPSが表示されているはずなので、VPSの名前の部分をクリックします。

メニューの下の方に「電源ON」ボタンがあるはずなので、それを押してあげるとWindowsが起動します。
※電源のついたパソコンにしか遠隔操作はできませんので、まずはABLEパネルから電源を入れてあげるのが必須です。このステップは確実に行いましょう

ステップ4:VPSで稼働しているWindowsを遠隔操作する

ここまでできればあともう一息。先ほどのメールに戻ります。

契約が完了するとABLENETからメールが届きます

今度はそのメール内の「WindowsServer設定情報」というところに書かれている「コンピュータ」「ユーザー名」「初期パスワード」の3点を確認しながら進めます。

ステップ1でインストールしたリモートデスクトップアプリを起動します。

remotedesktopアプリを初めて起動するとこのような画面になります

すると、中央に「Add Desktop」のボタンが表示されますので、それをクリック(もしくは、アプリ上部の「+」ボタンから「Desktop」を選択してもOK)。

PC nameにはIPアドレスを入力

「PC name」には、メール本文の「コンピュータ」の横に書かれている数字を(ドットつきで)入力します。

ユーザー名と初期パスワードを入力します

次に「User account」のドロップダウンリストから「Add User Account」をクリックし、必要事項を入力します。
ここで入力する「Username」「Password」は、Windowsパソコンにログインするときのユーザー名とパスワードを意味します。
ABLENETから送られてきたメールの「ユーザー名」「初期パスワード」を入力して「Add」ボタンを押しましょう。

あとは特にいじらず、そのまま「Add」を押します。

remotedesktopアプリのdesktop一覧に表示されました

すると、アプリの「Saved Desktops」の一覧に、入力したVPSの情報が表示されていますね!これをダブルクリックしましょう。
(今後はアプリを起動するとこの画面から始まりますのでダブルクリックするだけでアクセスできます)

これにて、VPSの契約から、実際に操作できるようになるまでの設定が完了です。お疲れ様でした!

VPSに自由にアクセスができるようになったら、以下の記事を参考にしてVPS上のWindowsパソコンでEAを稼働させましょう(これができればあとは完全放置で自動売買が行われます)↓

FX自動売買ソフト(EA)をMT4で稼働させるまでにやるべきことをまとめてみた

2019年5月22日

最後に:VPSでEAを動かす際の注意点

今回この記事を見てVPSを契約された方は、おそらくEAを運用するために契約されたと思います。

ここで初心者がやってしまいがちな失敗例を1つ挙げておきますので、もしEAの運用やVPSの契約が初めてという方はくれぐれもお気をつけください。

VPSの電源を落とすと自動売買も止まります

よくあるのが「VPS上のパソコンにMT4をインストールしてEAも導入できた。けどどうやってVPSとの接続を解除するのかわからない」というケース。

VPS上のパソコンでEAをセットできたら、あとは自分のパソコンからVPSへの接続を切っても、ずっとVPS上でEAが稼働し続けますよね。

でも、自分のパソコンからVPSへの接続を、どうやったらきれるのかわからないという方が多く、VPSの電源を切る(シャットダウンする)ことで接続を切る方をよくお見かけします。

それではVPS上で稼働していたMT4が閉じてしまい、EAの稼働もストップしてしまいますので、シャットダウンはむやみに行わないようにしてください。

VPSとの接続を解除する場合はRemote Desktopアプリを終了するだけ

VPSへの接続を解除する場合は、リモートデスクトップアプリ自体の「×」ボタンを押して、VPSの電源を入れたままリモートデスクトップアプリを終了していただくようお気をつけください。

自己資金ゼロでFX!電子書籍を無料プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です