GBPAUD 1時間足の水平ラインブレイクアウトを狙って大勝利

どうも、Kotaです。

今日は普段あまりトレードしないんですが、GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)をトレードしました。

環境認識

日足レベル見てみると

Gbpaud d1 20211213

方向感に欠く相場ですが、長期移動平均線はやや上向きですね。直近では長期移動平均線に支えられているような形で推移しています。

1時間足を見てみると

Gbpaud h1 20211213

水色のラインで示している通り、底値の切り上げが起こっていて、少し上へトレーダーの意識が向いている気がします。

また、ピンク色のラインの通り1.851〜1.852くらいの間でレジスタンスとして機能しているラインがありますね。

その水平ラインを抜けたら、ロングでエントリーすると良いかなと思って見ていました。

5分足でタイミングを見てエントリー

ロングエントリーを検討していて5分足でタイミングを計ろうと考えていましたが

Gbpaud m5 20211213

5分足ではすでに買いの上昇トレンドが形成され始めていたのと、MACDが上向きのシグナルを出していたため、少し早いかな?と思いながらロングエントリー。

ストップロスのラインを、直近安値の1.8488あたりに設定して、伸ばせるところまで伸ばしたいなと思っていました。

エントリー後の動き

エントリーしたあとはしばらく揉み合いましたが、ほどなくしてピンク色の水平ラインを勢いよく抜けていきました。
ストップロスのラインを1.85付近に移動させて、損切りを浅く、利益は深くという状況が作り出せたのはよかったなと思います。

その後は特に勢いが衰えることなく目標としていた1.858あたりまで伸びていきました。

そして1.858付近に1時間足で意識されている水平ラインがあったため、深追いすることなくそこで利益を確定しました。

結果は約57pipsで、一撃でなかなかの利幅をとることができました!

結果

今回のトレード結果は

GBP/AUD
1.85189→1.85760
+57.1pips

0.2lotでの取引だったので、損益は+926円になりました。

関連キーワード
トレード記録の関連記事
  • GBPAUD 1時間足の水平ラインブレイクアウトを狙って大勝利
  • 2021年12月第2週のドル円 1時間足で三尊形成?短期でショート狙いもありかも
おすすめの記事
移動平均線を応用したMACDの使い方
入門
FXのインジケーターは星の数ほど存在しますが、MACDは、世界中の投資家たちが愛用する、超メジャーなインジケーターです。 それだけメジャーと...