2021年12月第2週のドル円 1時間足で三尊形成?短期でショート狙いもありかも

久しぶりに相場の世界に舞い戻ってきました。Kotaです。

というわけでドル円の状態をチェックするところから始めます。

2021年12月第2週までのドル円の動き

大きい時間軸から見ていきます。

日足では方向感に欠ける動き

20211213 daily

日足を見てみると、中長期の移動平均線ではなだらかに右肩上がりですが、ローソク足の動き自体は方向感がありません。

数日かけて上に抜けたと思ったら1日でその幅以上に下落して、112.3くらいのラインで支えられている形ですかね。

日足レベルでも、このまま上げきらずに112.3のラインまで下げると三尊みたいな形を作るのかな?と思います。

1時間足で見ると三尊形成しかけ?

20211213 h1

1時間足のチャートを見てみると、三尊を形成しかけているように見えます。

ネックライン付近に水平ラインを入れてみましたが、この辺りでの反発が過去チャートから見られるので、ここを下に抜けたらある程度の値幅を取れるチャンスなのかな?というのが個人的な感想です。

今週の戦い方

日足で上値が重そうなのと、1時間足で三尊を形成していることを踏まえると、1時間足のローソク足実体でネックラインを割り込んだあたりでショートを仕掛けるのもありかな?と思います。

ただし、日足で見た時に112円半ばくらいにサポートラインと思われる水平線があることや、移動平均線が上に向いていることを考えると、あくまで短期的なトレードをするべきで、長期で保有するにはリスキーかな、と考えています。

関連キーワード
トレード記録の関連記事
  • GBPAUD 1時間足の水平ラインブレイクアウトを狙って大勝利
  • 2021年12月第2週のドル円 1時間足で三尊形成?短期でショート狙いもありかも
おすすめの記事
韓国・釜山への旅行で感じたこと
日記
どうも、Kotaです。 少し日が経ちましたが、先日3日間ほど、韓国の釜山に遊びに行きました。 本当は1泊2日で帰る予定でしたが、台風によるフ...